本文へ移動

新しい時代のビルメンテナンス管理

高品質・効率化・安全のためのプログラム

限られたマンパワーをカバーするための機械化、AIクリーニングロボットの採用さらに作業効率を上げるための最新の機械・資材の採用、これらの最新の技術をマンパワーとオートメションを融合させるべくスタッフの専門教育の強化、またスタッフの高齢化に対応した安全作業の促進。
今まで見えなかったビルメンテナンス品質を「感覚」から「見える化・数値化」へと品質を追求し、的確にお客様のご要望にお応えすることにより、よりよいCS(顧客満足度)を目指します。
 

各プログラムの詳細

機械化

清掃機械技術の進歩により広範囲の作業をカバー
 
お客様が望むことは何か、現状で問題点はないかなど、現場の声や状況などから、お客様のニーズを的確に捉え、対応していくことがお客様の満足度の向上につながると私たちは考えます。
常に社内でミーティングを行い、問題点や改善点を話し合うことで、お客様満足度の向上に取り組んでいます。

最新の資機材

クリーニング(清掃)からコーティング(表面保護)へ
 
洗剤・床維持剤・その他クリーニング用具の進歩より、クリーニングからコーティングへ、更にコーティングによる防汚・抗菌作用により、WITHコロナの時代に対応。

AIクリーニングロボット

広域作業はロボット・細部はポイントクリーニング
 
多種ロボット(大型クリーニングロボット・小型ルンバ)の登用により広範囲作業はロボットにまかせ、部屋の隅、机の間、トイレ配管裏、扉など細部は人の手による作業(ポイントクリーニング)をし、より効率的に業務をこなし品質を高めます。また、ロボットによる自動消毒業務も実現可能のレベルにあり、今後自動消毒の時代も当たり前になりつつあります。
 

建築物清掃品質評価システム

「感覚」から「見える化」へ
 
全国ビルメンテナンス協会認定のインスペクターにより「感覚」から「見える化」特定項目の標準化された項目を認定インスペクターにより「数値化」又は写真など「見える化」により改善の必要箇所を報告することが可能となり、ピンポイントにより、お客様のご要望にお応えします。

専門教育・研修

限られたマンパワーをカバーするための専門教育・研修
 
最新・高度な資機材を100%活用できるよう専門教育・研修の強化推進に努めております。従来のクリーニング技術に加え更に腕に磨きをかけ高品質・安全な環境衛生WITHコロナにあった環境をつくりあげます。
また、高齢者に対する効率的な安全作業を研修に加えマンパワーを有効に活用することを目指します。

ダイビ(株)では、一貫したトータルプロデュースのビルメンテナンスをご提供します。

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0166-23-3302
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
お問い合わせ
0166-23-3302
お問い合わせはこちら
ダイビ株式会社
〒070-0030
北海道旭川市宮下通4丁目2番5号 
JA上川ビル1階
TEL.0166-23-3302
FAX.0166-26-1939
ビルメンテナンス業
(日本標準産業分類 8641)
TOPへ戻る